イベント~Brilliant Woman EXPO 2018~

イベントの主催に関わりました。

「Mie女性起業支援室」というグループを作って活動もしてます。

本業以外いえ、本業には関連しています、しているはず、するはず。

思いはいつ届くかなと思いますが。

税理士は他の士業比べて

顧問契約という形態を取りやすい業種です。

あえて顧問契約でない形態もされいる税理士もいます。

その方は先を行かれていて、いろいろな気づきをくださいます。

一人が処理出来る量、お会い出来る人数は

規模や複雑度にもよりますが、大体決まってきます。

そうなると、一生で関われる会社、人の数は限られます。

ちっぽけな知識ではありますが

必要とする人にお伝え出来れば、なんてことを考えてみたりしています。

今月は、大学や無料の相談会へも行きます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。