中止あいつぐ

お店や、県外の移動の禁止の解除されましたが

今月の税理士会の定例会も中止となりました。 セミナーや研修も、会場のは中止のままです。

毎月(3,8月は除く)、支部の税理士が集まって

税務署の各部署の方からと、役員からの報告などがあるのです。

日頃、同業者とは、お友達でない限りお会いしません。

特に、四日市の地方都市では、車社会ですので

駅でばったりとかお会いすることもありません。

4.5.6月と中止になり、あれば2月以来でした。

税務署は、年度を7月開始としていて、

7月の定例会には、新しく赴任、また再任となった税務署の方々の

ご挨拶があります。

これもあって、密を避けるために

中止になったのかなと思います。

若手の税理士は出席していないことも多いですが

独り税理士(事務員はいますが)でやっていると

情報はネットとか書籍でという方もいますが

なるべく出席するようにしています。 また、リモートワークにしないといけなくなるのでしょうか。

不安ですが、

そう言う間に

日々過ぎていきます。

今年も半年過ぎました、

個人事業の方は、あと後半6ケ月です。

見通しは、難しですが

次の波が来る前に

いろいろ考えて対策を練っていきましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。