top of page

今どき? これからは

最近、顧問先になって頂いたお客さまは

私より、年下の代表がほとんどになっています。 ご自分で、経理などされている代表は

お忙しいからか

毎月お会いしたりということもなく

始めのご契約の打ち合わせも

メールやお電話でと

こちらが、本当にご契約して頂けるのかな?と

不安になってきます。

そういのが今どき でしょうか?

それとも、このコロナウイルスで対面出来ない状況では

主流になっていくのかもしれません。

税理士業界の中では

まだ、若手、いや本当は中間でこんな感想です

もっと高齢の先生、

ネットでの会計にもついて行けない方は

置いていかれますね~。

変わらないと!!です。

対面して、お話ししても

良いなあ~と思いますが

そうもいってられないのかもしれません。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2024年

新年明けましておめでとうございます。 昨年もお世話になりありがとうございました。 職員一同、精進致します、 本年もどうぞよろしくお願い致します。

bottom of page