top of page

今どき? これからは

最近、顧問先になって頂いたお客さまは

私より、年下の代表がほとんどになっています。 ご自分で、経理などされている代表は

お忙しいからか

毎月お会いしたりということもなく

始めのご契約の打ち合わせも

メールやお電話でと

こちらが、本当にご契約して頂けるのかな?と

不安になってきます。

そういのが今どき でしょうか?

それとも、このコロナウイルスで対面出来ない状況では

主流になっていくのかもしれません。

税理士業界の中では

まだ、若手、いや本当は中間でこんな感想です

もっと高齢の先生、

ネットでの会計にもついて行けない方は

置いていかれますね~。

変わらないと!!です。

対面して、お話ししても

良いなあ~と思いますが

そうもいってられないのかもしれません。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

Kommentare


bottom of page