企業の生存

お客様から、融資にご相談をされることがあります。

一番大事かなと思うのは、

意欲と売上、利益の見込みが何に基づくかだと思います。

今、コロナの影響で、国からの支援で

信用保証協会が保証をしてくれたち、金利も低く借りることも可能ですが、やはり、借りたものは返す意思を示すことが大事です。

法人を作ることも、簡単にはなりました。

ただ、法人をやめることはそれほど簡単ではありません。

費用も時間もかかります。

廃業に至る原因は

外的要因(今の状況がそうだと言えます)と内的要因での

①資金繰りの悪化

②人手不足

③事業の引継ぎの問題 などがあります。 今まで経験のない、世界中が直面している外的要因をいかに乗り切るのか

まだまだ油断ならない状況ですので

早く、余裕を持って資金確保することが必要です。

身近な、税理士、商工会、金融機関にご相談をしてみて下さい。

#企業 #生存

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。