値付け 難しい

仕入て売る、提供する

のとは税理士業は違うので

値段付けには頭を悩ませます。

その作業時間?

自分の時給?

人を雇っていたら人件費?

家賃があれば家賃?

とっても難しいです。

個人の確定申告では

法人と違って頼みやすいからか

新規のお客様が毎年みえます。 いままで、ご自分でされていたり

他の申告会でされていたりすると

さて、私に頼んで頂いて

少しでも得にならないとと

考えてしまいます。 例えば、ご自分で

ある程度まで出来てみえる方には

来年からは、少しのサポート若しくはご自分で

される方が良いのでは とアドバイスするようにしています。

それが正解ではないかと思うのです。 安くしすぎるのは

業界にとってもマイナスだと思っています。

都会では、何千円とかネットでも見かけますが そんなもの、それぐらいの価値と

全体的に思われるのは嫌です。 申告書が出来上がりましたら

値付けを悩みます。

あくまでも

心の声に正直に、良心的に。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。