top of page

実態調査 備忘録

税理士事務所の実態って何でしょうか?

2018年に、実態調査が実際ありました。

その時、何度も聞かれたのは

どうやって、事務員と税理士の私が仕事を分担して

申告書を仕上げているかということを

念入りに聞かれました。

しかし!本当に税務署の方々は実態ってどこまで

把握されているのでしょう?

多分ですが、私の事務所は前の先生から引継ぎをしたのと

事務所を建てたので来られたのだと思われます。

それで、いわゆる名義貸しが行われているのではないか

税理士は、言い換えればただのお飾りなのではないかと

疑っているのか?どうなのかという感じはありました。 全く、そういったことはありませんので

恐れることはなかったというのが感想です。 税理士事務所で、大手のところはどうなのでしょうか?

大きくなっても、所長が仕事をどこまでされているのでしょうか?

大手事務所に勤務したことがないので、憶測では何も言えませんが

会社組織であれば、社長は社長の仕事をして、営業や事務はしませんよね。

やはり税理士業は 税理士ありきの職業で、会社そうではないという前提で、

税理士法は出来ていますので

そのあたりはきっちり厳守しないといけません。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2024年

新年明けましておめでとうございます。 昨年もお世話になりありがとうございました。 職員一同、精進致します、 本年もどうぞよろしくお願い致します。

bottom of page