top of page

実態調査 備忘録

税理士事務所の実態って何でしょうか?

2018年に、実態調査が実際ありました。

その時、何度も聞かれたのは

どうやって、事務員と税理士の私が仕事を分担して

申告書を仕上げているかということを

念入りに聞かれました。

しかし!本当に税務署の方々は実態ってどこまで

把握されているのでしょう?

多分ですが、私の事務所は前の先生から引継ぎをしたのと

事務所を建てたので来られたのだと思われます。

それで、いわゆる名義貸しが行われているのではないか

税理士は、言い換えればただのお飾りなのではないかと

疑っているのか?どうなのかという感じはありました。 全く、そういったことはありませんので

恐れることはなかったというのが感想です。 税理士事務所で、大手のところはどうなのでしょうか?

大きくなっても、所長が仕事をどこまでされているのでしょうか?

大手事務所に勤務したことがないので、憶測では何も言えませんが

会社組織であれば、社長は社長の仕事をして、営業や事務はしませんよね。

やはり税理士業は 税理士ありきの職業で、会社そうではないという前提で、

税理士法は出来ていますので

そのあたりはきっちり厳守しないといけません。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

Comments


bottom of page