家賃支援給付金

家賃支援の給付金が

5/28に第2次補正予算案で閣議決定されましたが、最終変更になる可能性もあります。

持続化給付金と異なっている点は

5月~12月において、以下のいずれかに該当する者に支給されます。

1.いずれか1ケ月の売上高が前年比50%以上減

2.連続する3ケ月の売上高が前年同期比30%以上減

給付額は、申請時直近の月額支払家賃の6ケ月分です。

法人の場合、1カ月分の給付の上限額は100万円です。

支払家賃(月額)75万円までの部分が2/3給付、75万円を超える部分が1/3給付になるため、支払家賃(月額)225万円で上限の給付額(月額)100万円になります。

6カ月分では600万円が給付の上限額です。 個人事業者の場合、1カ月分の給付の上限額は50万円です。

支払家賃(月額)37.5万円までの部分が2/3給付、37.5万円を超える部分が1/3給付になるため、支払家賃(月額)112.5万円で上限の給付額(月額)50万円になります。

6カ月分では300万円が給付の上限額です。 まだ、申請のホームが出来ておりませんので

分かり次第お知らせいたします。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。