役員の退職の時期

退職金は、給与などより所得税は税負担の軽減があり

それに伴い住民税も10%(市民税6%+県民税4%)がかかります。

退職所得控除額は

勤続年数(A)

20年以下 40万年×A

20年超 800万円+70万円(A-20年)

を引いて所得税の税率を掛けます。復興特別所得税2.1%もかかります。

役員の退職金は

適正額と言われているのは

最終報酬月額×役員在任年数×功績倍率となります。

建設業のお客様で

建設業の許可 いわゆる金看板をとっているところがあります。

こちらは税金の話しではなく

国土交通省の下で

建設業法に規定されていて

経営業務の管理責任者が必要です。

5年以上の経験が必要となっています。

管理責任者がいない

建設業の許可の更新が出来ないということの無い様

時期を考える必要があります。

こっちはいいけど、あっちは都合が悪いなど

いろいろな面を考慮する必要があります。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。