top of page

役員の退職の時期

退職金は、給与などより所得税は税負担の軽減があり

それに伴い住民税も10%(市民税6%+県民税4%)がかかります。

退職所得控除額は

勤続年数(A)

20年以下 40万年×A

20年超 800万円+70万円(A-20年)

を引いて所得税の税率を掛けます。復興特別所得税2.1%もかかります。

役員の退職金は

適正額と言われているのは

最終報酬月額×役員在任年数×功績倍率となります。

建設業のお客様で

建設業の許可 いわゆる金看板をとっているところがあります。

こちらは税金の話しではなく

国土交通省の下で

建設業法に規定されていて

経営業務の管理責任者が必要です。

5年以上の経験が必要となっています。

管理責任者がいない

建設業の許可の更新が出来ないということの無い様

時期を考える必要があります。

こっちはいいけど、あっちは都合が悪いなど

いろいろな面を考慮する必要があります。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

Comments


bottom of page