成年後見制度

更新の研修に行ってきました。

成年後見制度です。

成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害、発達障害などで

物事を判断する能力が充分でない方を、

その方の権利を守る補助者(これを成年後見人といいます)を選ぶことで、

その方を法律的に支援する制度です。

平成29年の資料では、

後見人の選任状況は、

子供や配偶者など親族が約30%

弁護士、司法書士、社会福祉士が60%を占めています。

税理士は、まだほんの僅かですが、

財産管理などは得意とする分野ですので、要望されています。

しかし、本業と、利益相反するので

なかなか実際は難しいという問題もあります。

研修では、社会福祉士の方が

税理士は、身上監護は難しいかもしれないけれど、

かえって、普通の立場でこれは何に必要なんですか?って聞いて下さい。

知らないってことを強みとして

下さいと言われてました。

へー、なるほどです。

一般的には知らない、分からないって事が

実は大事かもしれません。

*身上監護とは、

未成年の子の身体的、精神的、な監護、教育を行うことをいいます。

この成年後見制度では、後見人が、生活、医療、介護などの手続きや契約を

する事をいいます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。