持つべきものは … 友達?専門家?

判断に迷う事があり

途方にくれ

高校時代の同級生に助けを求めました。

申し訳無いと思いながら

LINEすると

丁寧な返事を頂きました。

本当有り難いです。

やはり専門家は違います。

私もほんの些細な事で相談や電話を貰うことも

ある様になりました。

一応専門家だけに

適当に答えられず困る事もあります。

なので厄介だろうなぁと思いましたが

連絡してしまいました。

丁寧なお返事をありがとう!

この場でも感謝します。

税理士としてそうなりたいです。

ただ申告書を作るだけ

昔の計理士さん ではない者になりたいです。

確認したいだけ、

背中を押して欲しいだけ

いろんな場面があると思います。

いろいろ思うお休みでした。

さて週明け

相続の申告のご相談。

娘さんからは、相続かからないのではと言われていたそう。

でも、不安で、夜もゆっくり寝れなかった様です。

こうですよ~とお話しさせて頂いたら

安心してゆっくり寝れると言われてました。

よかったです。

さて、そこで料金はどうしたものか。

今まで、今回も相談のみは

頂いてませんでした。

これについてはまた検討します。

相談が増えれば、いえ増えなくても、変えていくことが必要でしょうね。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。