持続化給付金の日数

この連休、ニュースで

持続化給付金の入金された日が不備によって50日くらいかかったとの報道を見ました。

そういうこともありますが、概ね不備さえなければ、2週間で入金されていました。

顧問先の、いろいろなケースの持続化給付金の申請のアドバイスをしましたが

言えることは、書類の不備がある読みにくい 場合は不備となり

後回しにされる感じです。

ほとんど、2週間で入金されます、最近は最短3日という方もいました。

登録したメールの連絡先にメッセージが来てないか

確認してみるといいです。

原因が不明な場合は、電話はなかなか繋がりませんが

このブログでも紹介しましたが

LINEで質問というのは使えますよ。

まず、メニューから

申請についてのご相談を選び

申請前のご相談

申請後のご相談

不備内容のご相談 の中から選びます。 すると、オペレーターに繋ぎますか?とメッセージが来ますので

時間はかかりますが

繋いでやり取りすると良いと思います。

これも、在宅ワークで受注されてるのでしょうか?

数日前より、給付開始の家賃給付金は

チェックする資料も増えているので

もう少し時間がかかりそうです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。