持続化給付金 LINE 使えます

持続化給付金、特定がいろいろ出ています。

基本の方は、こちらも資料をご用意するのに慣れましたが

特定は、悩むところです。

電話はなかなか繋がりません。

LINEでも

持続化給付金LINE相談窓口があります。

これが、結構使えます。

まず

申請についての相談

とすると

オペレーターにつなぐというのがあります。

15分くらいかかることもありますと 出てきます。

電話で15分待つのは、とても長いですが

作業しながらの15分は待てるものです。

質問を文字で入れると

答えてくれます。

時間かかるときは

調べていると思われます。

かつ、終わりまで、すごく丁寧に

また何かあればご連絡下さい。とLINEが来ます。

新規の、若い社長様ともLIENやメッセージでのやり取りも

多いです。

特に、現場にも行かれている方だと

メールよりすぐに見れて

便利なのでしょうね。

持続化給付金申請で、困ったときは

LINE 結構使えます。

#持続化給付金 #質問 #LINE

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。