法定相続情報証明制度

平成29年5月29日より

法定相続情報証明制度が始まりました。

何かといいますと

相続の際、戸籍、住民票など

被相続人、相続人全部の書類を

預貯金などを相続する際に提出しなければ

相続出来ません。

何枚も取るには費用もかかりますし

1か所の手続きをして、次の他のところの手続きをしては時間がかかります。

そこで、一覧表を提出すると

登記官が一覧図に認証分を付けた写しを

無料で発行してくれます。

恥ずかしながら

無料で一覧表を作成して貰えるのかと思っておりました。

自分で作るのでした。

一覧表は法務局HPからダウンロードできます。

相続人の数や

形体により種類もありますので簡単です。

ぜひ、ご自分でされるのがいいと思います。

専門家

弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士

社会保険労務士、弁理士、海事代理士、行政書士が手続きを代理ですることが出来ます。

必要書類はこれです。

必要書類ダウンロード

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。