top of page

目の前のことをコツコツと

興味のある研修があり

東京、大阪での開催らしいです。

今回は様子を見ることにしました。

それで資格を取れるとか

そういったことには興味はなく

研修の内容が本物でしたら

顧客にも、提案できるかと思いました。

しかし、2月の連休開催なんて

税理士向けとは到底思えません。

この時期に休む税理士はなかなかいないかと思います。

法人に特化されていれば別ですが。

当事務所は普通の税理士事務所ですので

連休にはなりません。

開業当時、個性を出さなければ!

普通の事務所ではだめだ

と思いましたが

普通に淡々と仕事をすることも

まだまだ需要としてはあり

求められているのではと今は思っています。

次はゴールデンウィークとか。

ゴールデンウイークも

3月決算で、東京まで5日間も行っていては・・・

先を見据えて

行くべきなのでしょうか。

もう少し悩んでみます。

目の前にあることを

コツコツとしていくことも大事かと思う今日このごろです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2024年

新年明けましておめでとうございます。 昨年もお世話になりありがとうございました。 職員一同、精進致します、 本年もどうぞよろしくお願い致します。

bottom of page