税理士の登録状況

令和2年4月末現在の

税理士の登録状況が出てました。

全国で登録数7.8万人

そのうち 開業税理士が5.6万人 社員税理士が1.1万人 85.7%です。

残りは、所属税理士が 1.1万人 14.3% です。

こんなに独立している税理士が多みのですね!

勤務していた時は、独立する勇気がなく

子供を扶養してますので

私には無理!と 定年まで勤務するものと思っていました。

ダメなら、バイトをしよう、

それでもダメなら、

税理士事務所に就職しよう、

給料を高く言わなければどこかは雇ってくれるかも

と思って開業しました。

都会ほど、開業率は下がります、大手や雇ってくれる税理士事務所、税理士法人があるからだと思います。

7月の司法試験は、延期となっています。

8月の初旬の税理士試験はどうなるのでしょうか。

試験勉強時代、本当に暗闇にいて

社会から置いていかれている気がしていましたが

こんなに開業している、いえ所属でももちろん悪くはないのですが

税理士がいることが少しでも励みに

事務所に勤務しながら勉強している方も

自分の事務所を開ける第一歩になるよう

あと数か月頑張って欲しいと思います。

#登録数 #税理士 #試験

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。