税理士を目指す女性へ

税理士を今から、目指している人に向けて書こうと思います。

特に、子供がみえて、年齢も30代以上、女性の方へ

シングルの方へも。

とある相談コーナーをたまたま拝見しました。

30代で、シングルマザー、税理士事務所勤務の方の相談です。

回答として、税理士を今から目指すより

<地道に働いて給与を上げていく方が楽で効率的>

<税理士になりそうな男性、隣接士業の方との再婚を考えてはどうか>と

ありました。

???!!!です。

この文章を書いているのは

おそらく男性ですし、税理士業界の人でもないかもしれません。

この相談された方に言ってあげたいです。

地道に働いても給与なんてあがりません、

特にこの業界は。修行期間と言われて

覚えているうちは特に。

都市部や大手は違うかもしれませんが

地方ではそうだと思います。

再婚してもしなくても

それはそれです、

やる気があれば、目指したらいいと思います。

まだまだ女性が社会で充分な報酬を得ることは

難しいのが現実ではないかと思います。

その中で、税理士の資格を取り

事務所に勤務でも

独立しても

スキルアップすれば

子供を独りで育てることも可能です。

ただ、資格を取っても給与も上がりませんし。上がってもわずかです。

そこから、どう自分がやっていくか次第ではあります。

これはどの資格でも同じことが言えます。

私は、28才から税理士の勉強をし始め

事務所には38才から勤務しました。

今現在、何とかやっています。

ぜひ、頑張って欲しいです。

この声が届くといいです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。