top of page

税理士を目指す女性へ

税理士を今から、目指している人に向けて書こうと思います。

特に、子供がみえて、年齢も30代以上、女性の方へ

シングルの方へも。

とある相談コーナーをたまたま拝見しました。

30代で、シングルマザー、税理士事務所勤務の方の相談です。

回答として、税理士を今から目指すより

<地道に働いて給与を上げていく方が楽で効率的>

<税理士になりそうな男性、隣接士業の方との再婚を考えてはどうか>と

ありました。

???!!!です。

この文章を書いているのは

おそらく男性ですし、税理士業界の人でもないかもしれません。

この相談された方に言ってあげたいです。

地道に働いても給与なんてあがりません、

特にこの業界は。修行期間と言われて

覚えているうちは特に。

都市部や大手は違うかもしれませんが

地方ではそうだと思います。

再婚してもしなくても

それはそれです、

やる気があれば、目指したらいいと思います。

まだまだ女性が社会で充分な報酬を得ることは

難しいのが現実ではないかと思います。

その中で、税理士の資格を取り

事務所に勤務でも

独立しても

スキルアップすれば

子供を独りで育てることも可能です。

ただ、資格を取っても給与も上がりませんし。上がってもわずかです。

そこから、どう自分がやっていくか次第ではあります。

これはどの資格でも同じことが言えます。

私は、28才から税理士の勉強をし始め

事務所には38才から勤務しました。

今現在、何とかやっています。

ぜひ、頑張って欲しいです。

この声が届くといいです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

Comments


bottom of page