top of page

税理士を目指す女性へ

税理士を今から、目指している人に向けて書こうと思います。

特に、子供がみえて、年齢も30代以上、女性の方へ

シングルの方へも。

とある相談コーナーをたまたま拝見しました。

30代で、シングルマザー、税理士事務所勤務の方の相談です。

回答として、税理士を今から目指すより

<地道に働いて給与を上げていく方が楽で効率的>

<税理士になりそうな男性、隣接士業の方との再婚を考えてはどうか>と

ありました。

???!!!です。

この文章を書いているのは

おそらく男性ですし、税理士業界の人でもないかもしれません。

この相談された方に言ってあげたいです。

地道に働いても給与なんてあがりません、

特にこの業界は。修行期間と言われて

覚えているうちは特に。

都市部や大手は違うかもしれませんが

地方ではそうだと思います。

再婚してもしなくても

それはそれです、

やる気があれば、目指したらいいと思います。

まだまだ女性が社会で充分な報酬を得ることは

難しいのが現実ではないかと思います。

その中で、税理士の資格を取り

事務所に勤務でも

独立しても

スキルアップすれば

子供を独りで育てることも可能です。

ただ、資格を取っても給与も上がりませんし。上がってもわずかです。

そこから、どう自分がやっていくか次第ではあります。

これはどの資格でも同じことが言えます。

私は、28才から税理士の勉強をし始め

事務所には38才から勤務しました。

今現在、何とかやっています。

ぜひ、頑張って欲しいです。

この声が届くといいです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2024年

新年明けましておめでとうございます。 昨年もお世話になりありがとうございました。 職員一同、精進致します、 本年もどうぞよろしくお願い致します。

bottom of page