top of page

税理士事務所って

今年の税理士試験は18~20に実施されるので

今日は、税理士事務所のことを書きます。 OLを辞めてから、税理士試験勉強を始めて

実務は全く知りませんでした。

その後、税理士事務所に勤務すると

試験と実務は全く違っていました。 税法を知っていることはもちろん大事ですが

日々の業務は、それよりも

会計の処理や、その業界の事などのが大事かと思います。

税理士事務所もいろいろで

数人のところから、何十人、100人といるところまで

近場の中小企業相手のところから

もっと大きな企業や案件もしているところまで

様々です。

最近は

法人化し、何か所にも事務所を構える法人も出てきています。

ただ、地方では

数人から数十規模の個人事務所や税理士法人が多数で

事務所のカラーも所長次第ではあります。

合う合わないは

本当に入ってみないと分かりませんし

税理士を目指すのであれば

1ケ所にとどまる必要もないかと思います。

独立するまでに

2~3ケ所

変わるのは普通みたいです。

これも、普通かどうかも

税理士になって

話しをしてみないと分かりません。

職員の立場では

なかなか他の事務所の職員と話をする機会はありません。 実際、

私も

事務所を変わるのに葛藤がありましたが

良かったと思っています。

他の事務所を知る機会も

働いてみなければ

これも分からないのが現実です。

資格を取ってから、やっとスタートのところもあります。

3日間、辛いし、暑いし、大変ですが

頑張って下さい。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

Comments


bottom of page