税理士事務所の1年 夏 

暑くなりました、昨日の30度超えてました。 今日は、税理士事務所の1年の業務の夏の時期について書きます。 割と今月の6月は時間のある月です。

12月から先月までの 忙しい時期が終わり

ホッとしつつも、

来月の決算、6月決算の法人の予想などをしつつ

源泉税の納付が7/10までにありますので

給与明細を貰うのに、ご連絡を取り出します。

少し説明を。 給与や、当事務所が頂いてる報酬は

源泉税を引いて

従業員にお給料を

当事務所や社会保険労務士などにも報酬を支払っています。

おおむね給与支払者が10人まででしたら

納期の特例といって年2回にまとめて支払うことが出来ます。

特例ですので

毎月翌月10日までに支払いしてももちろん構いません。

正式には 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請 と言います。

「納特 のうとく」と略して呼びます。

いろいろ

略して呼びます。

家で、子供らに話してて、

通じなかったりして

我に返ります。

一般用語とは違いますね。 昔OL時代

鉄鋼板を売っていた時は

寸法は尺を使うものがあり

3×6 サブロク

4×8 シハチ とか電話で注文されても

初めは何の事か全く分からず、オロオロしました。

サブロクは 914mm× 1,829mm 3尺×6尺

シハチは 1,219mm× 2,438mm  4尺×8尺のことです。

懐かしいです、

この業界に入ったきっかけは関与先の鉄工所でのやり取りでしたので

いつか鉄工所が顧問先になってくれないかと思っています。

#税理士事務所 #鉄鋼

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。