給付金申請における効用

当事務所の顧問先でも、コロナウイルスの影響で

持続化給付金の申請をされたところや借入をされたところがあります。

給付金は要件としては、昨年度に比べて売上が50%減でなければいけません。

借入も5%以上の減が必要です。

そのため、個人、法人とも、急ぎで毎月の資料を

送って頂いたりしました。 いつもの年よりも、早目早目に書類を送って頂いております。

その為、法人の決算も、少しスムーズにいきそうです。

これを何とか乗り切って、事業を継続して欲しいです。

来月に、家賃保証の給付金が出るようですが

早く、申請の詳細を出して欲しいです。

6月中旬では遅くないですか?

3月から家賃の支払が難しくなっていると思われます。

4.5.6と3ケ月分も、大丈夫ではないです!

もっと、声を拾って欲しいです。

四日市市では、テナント賃料減免等支援補助金が出来ました。

貸しているオーナーさんに補助金が出ます。

5月から7月分の減免額の1/2以内 上限75千円 3ケ月上限225千円です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。