面倒なこと でも勉強になります

日々の月々の処理だけをしていれば

平穏なのが税理士事務所ですが

実際は、そうもいかず

今回の様な事があると

対応にオタオタします。

県の休業要請、持続化給付金の申請、

申請開始はいつか?

どう申請するのか?

書類は?

先に準備していても

お客様の電話一本の質問で

もっと深く詳しく調べる必要があるようになったりします。

これが緊急かどうかは分かりませんが

少しでも早くはお答えしたいので

対応することになります。

先日は

コロナの影響で

納税を猶予する申請書を作成させて頂きました。

国税庁から 特 という申請書が出ています。

これを提出します。

国税庁 申請書ダウンロード

https://ms-kaikei.com/wp-content/uploads/2020/05/0020004-143_02.pdf

記入例 ダウンロード

https://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu_konnan/pdf/0020004-143_07.pdf

面倒だなと思うことは

一つの経験となって

次にお聞きされた時に使えることになります。

勉強と思って、何事もやってみなくてはいけないと思う今日この頃です。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。