top of page

同じ説明でも

更新日:2021年12月18日

このところ

病院にかかることがあり

なんけんか行っています。

私はいたって元気ですが。

医者にとってみれば

患者が変わるだけで

同じ様な症状だったりして

説明も不十分なのかもしれませんが

地元の病院から

大きな病院に紹介で行く段階ですと

こちらの結構、しんどい(辛い、痛い)状況だったりします。

医者さんの説明でも

結果同じことを言われても

言い方 一つで

取り方も今後の心構えも違ってきます。

あ~、こういうことって

税理士も一緒かもと思います。

税金の知識に関しては

こちらの方が分かっていて

説明を聞かれる側は

月に1回だったり

確定申告の年1回だったりするわけです。

他人のふり見て、我が振り直せ

ですね

これから、書類が飛び交い

バタバタの季節になりますが

気をつけようと思いました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

Commentaires


bottom of page