仕事量は適性かどうか

更新日:2021年12月11日

残業時間は週15時間、月45時間、年間360時間までと

36協定で決められています。

税理士業界は、いわゆる繁忙期と言われる時期があり

1年間同じくらいの残業時間ではないです。

自分が働いてきた税理士事務所勤務の時と

働き方の法律厳守は変わってきていますし

いっぱいいっぱいまで残業というのも

従業員の疲労がたまり

よいパフォーマンスは出来ません。

毎月、毎年やらねばいけない仕事があり

どこまでの

人数と残業時間とが適正なのか

考えています。

人が足らないのか

技量が足らないのか

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。