インボイス制度の簡単な説明です

令和5年10/1より

インボイス制度も始まります。

今まで課税事業者(消費税の申告ありのところ)は

関係ないのではなく

主に外注先が

課税事業者なのかどうかに気をつけることが必要となります。


消費税の申告の際の計算は(原則)

売上にかかった消費税 - 支払にかかった消費税で計算します。

この 支払にかかった消費税の集計の際に

外注先が課税事業者か免税事業者かで

払った消費税を算式に入れることが出来るかどうかが変わります。



ご自分が、免税事業者の場合は

インボイス制度が始まったら

課税事業者となるのか

そのままなのかを選択する必要があります。


そのまま,免税を選ぶなら

請求の際には、消費税は入れることは出来ません。


要は

消費税を払わない事業者は

消費税を貰えない という制度になります。






閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。