相続税申告書の電子申告

更新日:10月6日

相続税の申告書の提出ですが

捺印がいらなくなり

相続人の方も税理士としては

提出の際の手間は減りました。


しかし

税務署からは、電子申告して下さいと再三

お話がありますが

相続人全員、利用者識別番号を取らないと

電子申告出来ません。


既に,確定申告をされていて

持って見える方もありますが

それをお聞きしても

直ぐに理解はして貰えませんし

相続税の申告は

普段の顧問先ではなく

単発がほとんどです。


こちらで

新たに利用者識別番号を取得すると

上書きされてしまって

過去の申告が見れなくなり

不都合が生じると思われます。


結局、

添付資料も別途郵送しますし

電子申告しないという選択を取ってしまいます。


何とかならないものでしょうか。

相続税の申告は

上書きでなく

新たに利用者識別番号を取得できるようにならないのでしょうか。

改良を待ちたいです。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。