きちんと

とあるお店の店長さんとお話しをして

気づきを頂きました。

小売業が地方の街中では衰退して

かつて何店舗も構えていたところが倒産などしています。

商店街も飲食チェーン店ばかりで

面白くありません。

きちんと

お客様の事を考えて接客していれば

売れれば良いではなく

ちゃんとリピートして貰えると。

その方を

30年以上前から

こちらから一方的に知っていて

最近お知りあいになったのですが

ちゃんと商店街で生き残ってみえます。

凄く考えさせられました。

このお休みに

お客様からの

宿題を うんうんと言いながら

頭をひねっていた時でしたので

間違ってないんだ!と思えました。

見てる方は見てると思ってます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。