事の表裏

何事も

表と裏があります。

今年の冬は今のところ暖かくて

雪が降ってません、

子供の頃に比べて暖かくなっている気がします。

スキーをする者にとっては

クリスマスの頃に滑れないのは

悲しいですが、

日頃の生活では

暖かいのは快適です。

まだ灯油のストーブも出していません。

税金の話にしても

納税側と徴収側の考えがあります。

税理士は決して徴収側ではありませんが、

適切な納税を指導する立場ではあります。

でも、どうにも税金は変わらないにしてもお客様の気持ちにもそいたいとは思います。納税する事が、長期的にみれば

お金は残る事でもあります。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。