実態調査

税理士事務所にも調査が来ます。

名前は税理士業務実態調査で、

顧問先にくる調査とは違います。

通常の税務調査は、売上や経費などが正しく記録されているかの調査ですが

実態調査は、税理士がどのようにお客様と接触しているか

正しく仕事をしているかを確認するために行われます。

新規開業や数年に1度来られるそうです。

初めてでドキドキでした。

備忘録です。

・看板の有無の確認 当事務所は、それぼど大きい看板ではのですが、分かり易い看板をあげることが必要らしいです。

・スタッフの管理方法

就業規則の有無

実際の業務内容

・印鑑の保管について 当事務所はe-taxなので印鑑はほぼ使用していませんが。

・顧問契約書

報酬額

回収方法

・業務処理簿

日々の業務や打ち合わせの記録方法も

・電子申告の割合

・パソコン台数

・会計ソフト

・カードの保管

・顧問先の帳簿の状態

・税理士業務以外の収入の有無

・広告方法

HPをチェックされてみえて印刷をお持ちでした

・事務所の見取図 書いていかれました

・書類の保管期間、保管状況

・犯罪収益移転防止法における税理士の責務の説明

<聞かれるかと思っていたのに聞かれなかった事>

開業するまでの、税理士事務所での勤務状況

<以外な事>

・税理士会の例会への出席状況も調べてみえました!

・業務処理簿は、会計ソフトで出るのをご存知で

内容までは見られず、それより日々の打ち合わせの記録について聞かれました

・書面添付については聞かれませんでした

・昨年、他の事務所を引き継いでいるのですが

その点も全く聞かれませんでした。

#税理士業務

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。