top of page

確定申告

そろそろと今年も確定申告の時期となりました。

なるべく法人の顧問先をと思いますが

それでもやはり創業したてのお客様は個人事業から

始めるる方が多数です。

なので

個人の顧問先もありますし、

法人の役員の方の申告などもあり

徐々に増えてもいきます。

当事務所は個人はやってませんと言い切れません。

まだまだ、ご紹介を受けるとまずお会いして

引き受けることが多い状態です。

事務所を大きくするつもりはないので

これでいいのか?と思いますが

まだ余裕はありそうです。

あとどれだけこの状態かは不明です。

次の後継者がみえないところもありますし

廃業されるところもありますし

顧問先は永遠ではありません。

他の業種でもそうだとは思います。

現状維持しつつ

進歩も必要だと思っています。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

Comments


bottom of page