一覧表

1月最終週になっています。

相変わらず暖かいので、1月末のように思えませんが。 来月、今週末からは2月になります。

個人の確定申告のシーズンです。

この1月間半で、たくさんの申告書を仕上げることになります。 昔、修業時代に勤務していた事務所では

奥様が、筆で長い、巻物のような半紙に

個人のお客様のお名前を書かれて

さながら合格発表の様に壁の上の方に貼られて

終了したら消していってました。

その頃は、PCで管理も今みたいではなかったので

事務所全体で一目で把握できました。

このシーズンになると思い出します。

我が事務所は

リストを追加したり修正しました。 リストアップすることで

何をしなければ分かり易いと思います。

クラウドで管理も可能ですが

アナログでも管理します。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。