半期

あっという間に今年も半期過ぎました。半期の業績はいかがでしょうか?

源泉所得税は毎月月末までの給与、報酬に関わる源泉所得税を翌月10日までに納付します。

納期特例といって、従業員が10名以下の会社・個人事業主は

届出を提供することによって年に2回まとめて納付することが可能です。

給与によっては源泉所得税は会社の預かり金ですので

6ケ月分となると負担となりますので、毎月納付して頂いても構いません。

毎月納付が原則ですので

毎月の場合は何も書類は必要ありません。

税務、会計では

この原則、特例といった言葉がよく出てきます。

1年に1回、税理士事務所に確定申告の処理を任せている会社にも

1~6月までのお給与の明細教えて下さいと連絡があるころです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。