top of page

半期

あっという間に今年も半期過ぎました。半期の業績はいかがでしょうか?

源泉所得税は毎月月末までの給与、報酬に関わる源泉所得税を翌月10日までに納付します。

納期特例といって、従業員が10名以下の会社・個人事業主は

届出を提供することによって年に2回まとめて納付することが可能です。

給与によっては源泉所得税は会社の預かり金ですので

6ケ月分となると負担となりますので、毎月納付して頂いても構いません。

毎月納付が原則ですので

毎月の場合は何も書類は必要ありません。

税務、会計では

この原則、特例といった言葉がよく出てきます。

1年に1回、税理士事務所に確定申告の処理を任せている会社にも

1~6月までのお給与の明細教えて下さいと連絡があるころです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

Σχόλια


bottom of page