top of page

残念

H30年、全国女性税理士連盟の全国大会で講演をして頂いた 吉田晴乃さんが亡くなったと知りました。(6/30享年55歳)

2015年から経団連の副議長を務めてみえました。

昨年の講演は、見た目からお話しまで、とてもインパクトのあるもので今までお目にかかったことのない方でした。

母、社長、公務など400%で日本だけでなく世界を飛び回っているとおっしゃてみえました。

ジミーチュウやマロノブラニクといった高級靴をさっっそうと履かれ、最近ハイヒールの強制をやめようということが話題になっていますが、バブル崩壊前後に社会に出た私にとっては、見せ方という意味ではかっこよく見えました。

前日には、「G20大阪サミット 女性のエンパワーメントに関する首脳特別イベント」に参加しされ演説をされていたとのことです。


2018年の講演にて

講演では「女性たちのエンパワーメントは、世界の新しい成長のために。」 と。

女性という枠にこだわってはいませんが、

女性の一員として、思うところはあります。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

5月の税務

5月10日 ●4月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 5月15日 ●特別農業所得者の承認申請 5月31日 ●個人の道府県民税及び市町村民税の特別徴収税額の通知 ●3月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期

Σχόλια


bottom of page