残念

H30年、全国女性税理士連盟の全国大会で講演をして頂いた 吉田晴乃さんが亡くなったと知りました。(6/30享年55歳)

2015年から経団連の副議長を務めてみえました。

昨年の講演は、見た目からお話しまで、とてもインパクトのあるもので今までお目にかかったことのない方でした。

母、社長、公務など400%で日本だけでなく世界を飛び回っているとおっしゃてみえました。

ジミーチュウやマロノブラニクといった高級靴をさっっそうと履かれ、最近ハイヒールの強制をやめようということが話題になっていますが、バブル崩壊前後に社会に出た私にとっては、見せ方という意味ではかっこよく見えました。

前日には、「G20大阪サミット 女性のエンパワーメントに関する首脳特別イベント」に参加しされ演説をされていたとのことです。


2018年の講演にて

講演では「女性たちのエンパワーメントは、世界の新しい成長のために。」 と。

女性という枠にこだわってはいませんが、

女性の一員として、思うところはあります。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。