開業

開業します、独立します。

法人化します。

このところ

そういった方とのお話しも多いです。

3年前に私も開業しましたが

それからいろいろな事がありまして

すごく前のことの様に思えます。

3年って、

子供は中学生から高校生に

高校生から大学生にと

長い様なでも

あっという間です。

前の事務所を辞めようと思っていた時

税理士の勉強をしていた時

その3年も貴重ではありましたが

自分で事業をするという密度は

なかなか濃い時間です。

先週末も、創業したいという方の前で

お話しする機会がありましたが

思っているなら

やってみるのがいいと私は思います。

何とかなるものです。

こうしたら成功します!なんて言えませんし.

成功しているなんて

全く思ってません。

食べていけるようにはなりますよ とは言えるかなあ~

という感じです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。