top of page

いろんなところから

更新日:2021年12月18日

コロナの影響で

税理士事務所のあり方も変わりつつある気がします。

その1つは、どこでどうやって研修やセミナーを受けるか。

今まで、出向いていて、1日潰れていたことが

Webであれば、移動も無いですし

遠くて行けなかった東京のものにも参加可能です。

以前よりセミナーと称して

人を集めるとい営業はしているところも多いですが

ネットでもとなると、会場費もいりませんし

これはチャンスととらえるのでしょうか

事務所にも、メールやfaxなど宣伝がきます。

事務所も改善、改善といいながらも

そう簡単にいくわけもなく

これまでと同じで良いことはそのままで

今まで、当たり前と思っていたことは

そうでもないことが

はっきりした事もあるので

変えていきましょう。

そのままでは

取り残されてしまいますね。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

5月の税務

5月10日 ●4月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 5月15日 ●特別農業所得者の承認申請 5月31日 ●個人の道府県民税及び市町村民税の特別徴収税額の通知 ●3月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期

Comments


bottom of page