top of page

長いお付き合い

更新日:2021年12月18日

今の若者は、安倍政権しかしらないとか。

我が家の娘も、「あべ が」とか言うので

初め、友達のことかと思いました。

長く、同じ人がトップなのもどうかなと思います。

さて

企業さまと税理士との関係ですが

何代もにわたって同じ税理士、税理士事務所にってことも

あります。

ただ、時代は変わりますし

この数年は、スマホが普及したことで

どこでも、誰でもが

情報を得れるようになってきました。

時代についていけない

考えが合わない人との

お付き合いはビジネスといえども

長いお付き合いは難しいです。

税理士も

そう簡単に変えるのは

なかなか出来ませんので

実際は、出来ますが

手間もかかりますし

労力もかかりますし

それまでの歴史を共有するにも時間がかかります。

合うかどうかを

よく考えて決められるのがいいのではと思います。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

Comentarios


bottom of page