家賃給付金の申請 書類不備

更新日:2021年12月18日

持続化給付金の申請とは違って

家賃契約書のチェックがありますので

時間がかかっています。

戻ってくる文章がとても分かりにくいです。

持続化給付金の申請をされた方は

同じ月の売上を対象としていましたら

その部分では問題がありますので

契約書の年月と

月額(消費税改正前後での金額の訂正)を

よくチェックしてみて下さい。

もう1枚書類が必要なこともあります。

20年3月31日が 賃貸借契約の日付に入ってないといけません。

一般的に、賃貸借契約書は自動更新となってますので

最近契約された方以外は

含まれていないと思います。

賃貸借契約等証明書-1ダウンロード

https://yachin-shien.go.jp/docs/pdf/format_lease_cert_out_of_term.pdf?ref=overview-exception-12

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。