税理士の仕事

更新日:2021年12月18日

友人と話しをしていて

いかに税理士の仕事は世間では分かって貰ってないのだと

思いました。

何も仕事でも、理解は難しいのかもしれないですが

友人なので、オブラートに包んでくれていても

実は、AIや電子化などが進む今日では

必要がないのでは? 

自分でお金払わなくてもやれるのでは?と

思っている気がします。

悲しいものです。

そんなものかな~。というのが正直な感想ですが

必要とされていること

必要としている人には

アピールが大事ですよね。

自分で事業をしている人でさえ

個人事業だったり小規模だったり

すると、税理士って必要がないと考えるのでしょうね。

私も、自分でソフト使ったら

決算書、所得税の確定申告書は自動で出来るので

ご自分でやるのが良いと思ってます。

セミナーをする時もそう説明しています。

ただ、経営の相談や

これから先を見据えるなら

税理士に相談して

並走して貰うのもありなのではと思うのです。

法人化すれば、ご自分では出来ませんし

規模が大きくなってこれば

それこそ

必要になってくるはずです。

そうやって選んで貰えるように

日々精進ですね。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。