top of page

帳面の進めかた

更新日:2021年12月18日

12月です。

個人の確定申告は

1月~12月と決まっています。

途中開業の方はその月から12月までです。

ということは、

11月までの資料をご自分でまとめるか

税理士などにお願いしていれば

渡す必要がある ということです。

何ケ月も溜まると

やりたくなくなります。

なので、1月ずつ、2月ずつはまとめるのが大事です。

そうでないと

結果や成果は数字では分からず

次に進めません。

利益と資金繰りって

同時には 連動しにくいものです。

売上-経費 = 利益ですが

これが溜まって、資金繰りも潤ってくるものかと思います。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2024年

新年明けましておめでとうございます。 昨年もお世話になりありがとうございました。 職員一同、精進致します、 本年もどうぞよろしくお願い致します。

bottom of page