top of page

扶養の範囲

更新日:2021年12月11日

よく、パートをされている方は

扶養の範囲で と言われます。

これが、今の税制では

微妙です。

まず大きく分けて3つの扶養の範囲があります。

1.所得税

2.社会保険料

3.家族手当

1.所得税は

配偶者特別控除もあり

150万円まで。

段階的に控除がへりますが

約201万円までです。

2.社会保険料

これはご主人(配偶者)の勤めてる会社が

入っている社会保険組合または国民健康保険組合によります。

約130万円です。

実際、聞いて頂く必要があります。

3.家族手当

これも、会社で手当が出ているなら

聞いて頂く必要があります。

そして

住民税の非課税の枠は

市町村により違いますが

97~98万円となります。

世帯で考えて

所得が多くなるようにする必要があります。

配偶者控除が増えても

社会保険料の負担の方が大きいので

変な制度になっているのが現状です。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2月の税務

2月13日 ●1月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 2月29日 ●12月決算法人及び決算期の定めのない人格なき社団等の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●6月決算法人の中間申告<法人税・消

2024年

新年明けましておめでとうございます。 昨年もお世話になりありがとうございました。 職員一同、精進致します、 本年もどうぞよろしくお願い致します。

bottom of page