お会いする前

更新日:2021年12月11日

ご紹介頂いたり

始めて相談を受ける場合は

事前に分かる範囲で

リサーチします。

例えば、

NPO法人のお話しでしたら

NPO法人会計について

復習をします。

現在、就労支援施設の会計をさせて頂いてますが

そもそもNPO法人は

法人税における収益事業は34種類に限定です。

それ以外、収益事業でなく

NPO法人の活動であるなら

そこには法人税はかかりません。

両方の活動がある場合は

税務署に申告書を提出する義務もありますし

NPO法人は

開示義務がありますので

いつでもだれにでも

決算時の財務諸表等がみれるようになっている必要があります。

活動計算書

貸借対照表

財産目録の3点です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。