学ぶこと

更新日:2021年12月11日

大先輩の税理士さんと

お話しをする機会がありました。

私なんかより

ずっと大先輩で

この先も安泰でも

やはり学び続けていることを

知り

尊敬と驚きです。

そして

まだ

私なんて

年齢的にも

これからと

言って下さいました。

世間では

50代になれば

あと数年で

お給料もピークになるでしょうし

定年後の事も考える歳になりますが

そうですよね!

税理士という

自由業を選び

会社の社長様とお話しする

機会を頂いてる仕事としては

まだまだこれからだと言えます。

反面

今までのような

記帳代行では

やってはいけません。

今日も寒いし

明日はもっと寒くなる様ですが

春からの楽しみが出来ました!

お金と時間を使って

学ぼうと思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。