確定申告 帳簿のまとめ方

更新日:2021年12月11日

個人事業でも法人でもですが

特に今の時期

個人事業の確定申告書を作っている方へむけて書きます。

まずは

売上の金額を確保して下さい。

通帳になのか現金で入金なのか

請求書通りになっているか。

そして、12月末で仕事は終わってて

未収金はないのか。

まず、第一がそれです。

それから

売上原価となる

仕入、外注費の金額を確認。

ここまでを通帳に振込、支払でしていれば

通帳を、会計ソフトなり

電卓で計算するなりすれば

売上

仕入

外注費の欄は記入できます。

それから

他の経費を

合計して下さい。

会計ソフトを使っていれば

仕入か外注費以外の支払です。

次に

現金で支払をした

領収書、レシートを合計または

入力してください。

これで

損益計算書が出来上がってきます。

あとは

在庫です。

卸売業、小売業でしたら

12月31日時点の在庫を。

建設業でしたら

未成工事支出金という勘定になります。

工事で、途中のものを

在庫として考えます。

どうですか?

出来そうでしょうか?

青色申告の届け出を提出していれば

10万円の控除がこれで可能です。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。