top of page

相続税 申告期限までに分割決まらない場合

更新日:2021年12月4日

相続税の申告は

亡くなったのを知ってから10ケ月以内です。


もし、それまでに分割が決まってない場合は

例えば、配偶者に対する相続税額の軽減や

小規模宅地等についての特例が受けれません。


その場合には

一旦、法定相続分で計算して

一緒に

「申告期限後3年以内の分割見込書」を提出します。


分割が決まったら、更正もしくは修正をして

申告書を出しなおすことになります。


もし、それでも決まらない場合は、

遺産が未分割であることについてやむを得ない理由がある旨の承認申請

を出します。


申告期限後3年を経過する日の翌日から2か月を経過する日までに提出します。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

Comments


bottom of page