top of page

当たり前と思っていても知らないこと

更新日:2021年12月4日

オリンピックの影響で

カレンダーは変更になってますね。


今更ですが

先日、知人と話をしてて

知らなかったのです。


当たり前と思っていることも

当たり前ではないのですね。

税金の話も、

私たちにとっては当たり前の事も少々ありますが

そこは、そうでないという前提で

日頃 おはなしはしているつもりです。


でも、そうなっていないこともあるかもしれないので

今回の件で

改めて気をつけようと思いました。


反対に

税理士だから知っていると思われることは

実は知らないこともあります。


例えば、印紙税など。


聞かれても、冊子または国税局のネットで調べて

お答えしています。


税金には

2通りあって

賦課課税と申告納税 方式があります。


賦課課税は、国や地方公共団体が計算して通知する税金で、固定資産税などです。


申告納税とは、その字の通り、自分で計算し申告して納税する、確定申告を始めとする税金です。


印紙税は、決められた税金となります。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1月 10日 ●前年12月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付(年2回納付の特例適用者は前年7月から12月までの徴収分を1月20日までに納付) 1月 31日 ●支払調書の提出 ●源泉徴収票の交付 ●固定資産税の償却資産に関する申告 ●11月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定

2023

bottom of page