top of page

機械など重機等の購入 ~事前に顧問税理士に相談しよう

更新日:2021年12月4日

重機や機械を購入をご検討されている方は

事前に顧問税理士に相談すると

償却を即時償却といって1年で全額償却する

または

10%税額を控除するという税制を使うことが出来ます。


また、購入して資産には固定資産税(償却資産税)が

市町村から税金がかかりますが

その申請の際、1/2減額または0円とすることが可能です。


それには 申請が必要です。


まずは、税務署に対しては

「経営力向上計画」の提出認定が必要で、

大事なのは、償却又は税額控除の規定を受けるには

その決算月までに認定が必要で

機械等の取得から60日以内に申請の受理が必要です。


申請先は、事業分野によって違います。

おおよそ、申請から認定まで30日かかります。



一方、市町村へは

「先端設備導入計画書」の提出認定が必要です。


こちらは約2週間、申請から認定までかかります。(市町村にもよります)


私も、

「経営力向上計画」を出せば

市町村にも対応できると思っていましたが

そもそも税制が違っていました。



中小企業経営強化税制によるのが「経営力向上計画

生産性向上特別措置法によるのが「先端設備等導入計画」です。


似ているもので

中小企業投資促進税制による 30%特別償却または7%税額控除というのもあります。


2023年3月31日まで延長されてますので

ご活用下さい。


当事務所では、申請のお手伝いをさせて頂いてます。

選択イメージダウンロード

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

所得税の確定申告時期も終わり、 まだ、少しぼ~と過ごしています。 ただ、毎月の法人の決算はありますので 粛々と進めています。 子供時代からの、4月始まり3月が期末というのに慣れていたり 公的機関はまだにその年度で動くことが多いですので 道路は、いろんなところで工事をしていて 渋滞がしてますし 気持ち的にも年度末という感じですね。 個人の方、もう3ケ月経ちますよ! この前、資料出したのに~という感じ

昨日、アカデミー賞が決まって、 予想通り、エブエブ? 「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」が 最多7冠を取りました。 早速見に行って来ました。 内容で、 業種的に興味深かったのが レシートの整理、国税庁。 まだ、今年の確定申告期限終了してないので 余計に、アメリカではそんな感じなの?という感じで そんな事が気になってました。 兎にも角にも 3月15日、明日の24時が期限です。

3月10日 ●2月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 3月15日 ●前年分贈与税の申告(2月1日から3月15日まで) ●前年分所得税の確定申告(2月16日から3月15日まで) ●所得税確定損失申告書の提出 ●前年分所得税の総収入金額報告書の提出 ●確定申告税額の延納の届出書の提出(期限:5月31日) ●個人の青色申告の承認申請(1月16日以後新規業務開始の場合は、その業務開始日から2ヶ月以内

bottom of page