top of page

何ごとも続ける事が大事

更新日:2021年12月18日

事業を起こしたら続けていくことが大事です。ささいな事ですが、プライベートな事を1つ、習っていることがあります。

途中あまりの出来の悪さに挫折しそうになりましたが、1年間お休みせず通ってます。

とりあえず初級修了となりました。とてもゆっくりゆっくりですが、続けている限り前進です。


事業を続ける事は、山あり谷あり、

ここ数年のコロナのように、世界中の人が予想もしなかった事が起こって、努力だけでは乗り越えれないこともあります。


その為に、少しでもお手伝い、お手伝いというのはおこがましいですが、

お話をお聞きして、その先を整理する事は可能です。





仲間内で話しをしていても、人は良い事しか、主観的な事しか話さないものです。

そういった時に、あ!税理士に相談してみよう!って思って貰えたらと考えてます。

これは、税理士を目指して勉強し始めた時から変わりません。


そして、

これまでの話しとは相反しますが、

事業の状況によっては必ずしも続けていく事が良いとは限りません。

その時も、あ!と思って貰えたらと考えてます。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

話しを聞いて貰うこと

税理士は、伝票を整理して税金を計算するだけと思われているかもしれません。 何しろ、ここ何年も、将来消える職業にランクインし ましてたAIが進んできた昨今では 上位になってきてます。 もちろん 税金計算は税理士の独占業務なのですが どちらかというと 経営者のお悩みをお聞きすることも多い仕事です。 会社のことだったり、個人的な相続のことだったり 特に中小企業では 同族会社が多いので 会社継続の話しは、

Comments


bottom of page