事業復活支援金2 始まります

いよいよ1/31月曜日より

申請開始です。


簡単に流れを書いておきます。


①事業復活支援金のサイトから

ID,PW,電話番号、メールアドレスを入れて仮登録します。


②メールアドレスに登録のURLが来て

ここから登録します。


③経営革新等支援機関で認定機関に登録している先でのチェックが必要です。

どういったところが登録しているかというと、

税理士

金融機関

商工会議所などです。


④チェック済むと

申請画面に自動的に番号が入ってきます。


⑤チェック受ける前、受けてる間に

書類のご用意が必要です。

これは持続化補助金と

ほぼ一緒です。


法人         個人

履歴事項証明書    本人確認書類 マイナンバーカードまたは運転免許証(表)

確定申告書の控え     〃

売上台帳         〃

通帳 表紙,中の写し   〃


が必要です。



*一時支援金、月次支援金を申請されたところは

②のチェック不要です。


⑥申請はネット申請で

書類をpdfなどにして添付必要です。


持続化給付金の時

通帳など画像が不鮮明だとなかなか申請が通りませんでした。

なるべく綺麗な書類をつけると早いと思います。



給付額は

(比べた月を含む期間の売上高)-(下がった月の売上高)×5 です。


     個人   法人

         (年間売上1億以下)  1~5億    5億超

50%   50     100       150      250

30%   30      60       90      150



詳細は以下まで

事業復活支援金




閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。