top of page

「茶色の封筒」にご用心 年末年始にはいろいろ来ます

年末11月から来る「茶色の封筒」は税務署からの年末調整の袋です。

あと、役員従業員の住所地の市町村から総括表の封筒も来ます。


他には、年金事務所から、賞与に関する届出の用紙が来ます。


それまでに給与の届出をしていたり、去年給与や賞与を出していたら届きます。


償却資産税の封筒は、市町村ごとで色も紙も違います。


こういった書類は、電子で提出を出来るだけしてますが

翌年の1月末までに提出することになってます。


今のところ毎年届きますので、来年もよろしくお願いします。





実際、税理士関与していたり、電子で提出しているところは、この中の書類のうち、顧問先でご確認して頂かなくてもよいのがほとんどです。毎年、勿体ないなぁと思います。


昨年より、ご自分で年末調整情報を入れたり出来るようになっていますが、

顧問先では、そこまでの規模ではない場合、税理士がお手伝いする事になります。


まずは、開けてみてくださいね。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

5月の税務

5月10日 ●4月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 5月15日 ●特別農業所得者の承認申請 5月31日 ●個人の道府県民税及び市町村民税の特別徴収税額の通知 ●3月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期

Comments


bottom of page