top of page

伴走支援 こんなのもあります

更新日:2022年10月6日


三重県信用保証協会で

伴走支援型特別保証 というのはあります。


コロナ融資の返済が始まりそう、もうすぐというところに

さらに5年間の据え置きで借入が可能です。


個人的には、延長が必ずしも良いとは思いませんが

今だコロナ感染がおさまらない状態ですので

もう少し先延ばしということも手かもしれません。


対象者は

  次の(ア)から(ウ)のいずれかに該当し、かつ経営行動に係る計画を策定した中小企業者。 


 (ア)中小企業信用保険法(以下「保険法」という。)第2条第5項第4号の規定によ  

   る認定(新型コロナウイルス感染症に係るものに限る)を受けていること

 (イ)保険法第2条第5項第5号の規定による認定を受け、かつ次のいずれかに該当す

   ること

   <1>売上高等減少率が15%以上であること

   <2>売上高等減少率が15%未満のものにあっては、最近1か月間に対応する前年 

    同月の売上高が令和2年1月29日時点における直近の決算の月平均売上高等と 

    比較して15%以上減少していること


 (ウ)次のいずれかに該当すること

   <1>最近1か月間の売上高が前年同月の売上高と比較して15%以上減少している  

    こと

   <2>最近1か月間の売上高が前年同月の売上高と比較して5%以上減少し、かつ前  

    年同月の売上高が令和2年1月29日時点における直近の決算の月平均売上高等 

    と比較して15%以上減少していること

  (三重県 Hpより)


 保証料実質0円で借入可能です。


 既に金融機関からの連絡あると思われますが

 検討してみるのもいかがでしょうか。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

売上と利益

本当に基本的なことですが 特に資材や原料の上がっている 昨今では 売上高欲しくても それを取るのか取らないのか よく考える必要があるな~と思います。 これは、どの業界でも同じことです。 税理士事務所でも・・・ 自分のところの経費を あたまに入れて 見積、交渉しなくては。

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

Comments


bottom of page