伴走支援 こんなのもあります

更新日:10月6日

https://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0031500358.htm


三重県信用保証協会で

伴走支援型特別保証 というのはあります。


コロナ融資の返済が始まりそう、もうすぐというところに

さらに5年間の据え置きで借入が可能です。


個人的には、延長が必ずしも良いとは思いませんが

今だコロナ感染がおさまらない状態ですので

もう少し先延ばしということも手かもしれません。


対象者は

  次の(ア)から(ウ)のいずれかに該当し、かつ経営行動に係る計画を策定した中小企業者。 


 (ア)中小企業信用保険法(以下「保険法」という。)第2条第5項第4号の規定によ  

   る認定(新型コロナウイルス感染症に係るものに限る)を受けていること

 (イ)保険法第2条第5項第5号の規定による認定を受け、かつ次のいずれかに該当す

   ること

   <1>売上高等減少率が15%以上であること

   <2>売上高等減少率が15%未満のものにあっては、最近1か月間に対応する前年 

    同月の売上高が令和2年1月29日時点における直近の決算の月平均売上高等と 

    比較して15%以上減少していること


 (ウ)次のいずれかに該当すること

   <1>最近1か月間の売上高が前年同月の売上高と比較して15%以上減少している  

    こと

   <2>最近1か月間の売上高が前年同月の売上高と比較して5%以上減少し、かつ前  

    年同月の売上高が令和2年1月29日時点における直近の決算の月平均売上高等 

    と比較して15%以上減少していること

  (三重県 Hpより)


 保証料実質0円で借入可能です。


 既に金融機関からの連絡あると思われますが

 検討してみるのもいかがでしょうか。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月12日 ●11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収税額(当年6月~11月分)の納付 翌年1月 4日 ●10月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。