top of page

応接室工事で思いました~プロの仕事

更新日:2021年12月4日

週末、工事で応接室が完成しました。


朝から、夕方まで、 いろんな職人さんが来てくれての工事でした。

今まではスペースはありましたが オープンでした。

コロナ禍で、外の喫茶店で打ち合わせが無理になり プライバシー保護の為に 作ることにしました。



職人技は凄い!!



それぞれのプロが ガラスも、シートも、 現場で寸法を測り サャーと切って 入れたり貼っていきました。

出来上がりは、格好よいです。

初めは 料金の事を考えて DIYでと思いましたが 結果、プロに頼んで良かったです。


心配していた 圧迫感はなく、おさまりました。

何度かこのブログでもお伝えしてますが

その時、安いと思っても 結果、高くつく,損をするということはあります。

税理士に頼むのは、高いな~と思っても

売上が上がれば ご自分だけで経理して申告することは時間的に無理になりますし

月々の負担も、それほどではなくなります。


結果、プロに頼むのが結果的に安いものです。



反対に、ご自分で動くのが、安いし簡単ということもあります。

事務所の変革、 あとはHPに手を加える予定でいます。

そろそろ 保険会社から、控除証明書も届きだしています。

忙しくなる前に、やりたいなと思っていたことをすませていきます。


決算前、個人の方は12月前に慌てるのではなく そろそろ考えていたことをされてはどうでしょうか。

before

after

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

5月の税務

5月10日 ●4月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 5月15日 ●特別農業所得者の承認申請 5月31日 ●個人の道府県民税及び市町村民税の特別徴収税額の通知 ●3月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期

Comments


bottom of page