top of page

資金繰りについて考えてみよう~

更新日:2021年11月25日


当事務所のある地域でも、東京なども日本中が緊急事態宣言が 明けました。

感染者は、グッと減っていますが その原因がわかってないとか。

解明して欲しいものです。

飲食店も、すっかり時間短縮から営業時間を延ばしているようです。


今後、元に戻るのかどうか不安材料も多いですが 事業をされている方は、コロナ融資で利息はすぐになし、 3年後返済開始など 今までにない条件で借入をされたところが 多いはずです。


前にも書きましたが 、返済についてそろそろ具体的に考えるべき時期が来ています。

頭で考えていてもだめなので エクセルなど、数字を入れて シュミレーションして

みることが大事です。


その為のお手伝いをする機関はいろいろあります。


商工会議所、商工会といったところから 産業支援センターの相談などがあります。

私のような税理士ももちろん相談をお伺いできます。


今の売上、資金繰りもですが 先を見て考えてみないと事業、会社は5年、10年・・・・

と順調に続けることは とても難しいです。

普段、事業にあたって損益という観点では 考えていると思いますが 資金繰りを考えるには 経費になっていない 借入金、売上、支払のずれを考える必要があります。


個人の場合のエクセルの表を乗せます。

ご参考にして下さい。


個人の場合は、事業主には給与の支払が出来ませんので(経費にはならない)

所得金額が、給与となります。


お金の流れとしては、ここから借入金の返済などを引いたものになります。

11.12月の予想を入れてみてください。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

定額減税の話

令和6年、6月の給与または賞与から開始される定額減税の話です。 年末調整の扶養控除の人数とは違っています。 以下、注意お願い致します。 MyKomon.com より抜粋 月次減税事務の対象者、つまり、6 月 1 日以後の給与計算で月次減税額を控除しなければいけない人(以下、控除対象者)は誰でしょうか?

4月の税務

4月10日 ●3月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 4月15日 ●給与支払報告に係る給与所得者異動届出 4月30日 ●公共法人等の道府県民税及び市町村民税均等割の申告 ●2月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●2月、5月、8月、11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税> ●法人・個人事業者の1月ごとの期間

話しを聞いて貰うこと

税理士は、伝票を整理して税金を計算するだけと思われているかもしれません。 何しろ、ここ何年も、将来消える職業にランクインし ましてたAIが進んできた昨今では 上位になってきてます。 もちろん 税金計算は税理士の独占業務なのですが どちらかというと 経営者のお悩みをお聞きすることも多い仕事です。 会社のことだったり、個人的な相続のことだったり 特に中小企業では 同族会社が多いので 会社継続の話しは、

Kommentarer


bottom of page